【未経験から手に職つける在宅ワーク】初心者でも毎月3万円ならネットとパソコンとちょっとの勉強で稼げるようになりました。

未経験 在宅プログラマー

家から出ずにパソコンを使って行う在宅ワークで毎月数万円でも稼げばいいのにと思っている方は多いです。
私もパソコンで仕事をしているというと、よく「教えてよー」なんて言われます。
まぁ「教えてよー」って言ってくる人の99%は教えても実行しないので教えませんが…。

でも在宅ワークって結構憧れている人多いです。
そりゃそうですよね。

家ってやっぱり落ち着きますし、パートやアルバイトでも新しい職場で人間関係を構築したり、お客さんにクレームを言われないように理不尽なことも頭下げたり、結構疲れます。
時給もそんなによくはないですしね。

今回の記事で私が言いたいことは、初心者でもちょっとの勉強で手に職をつけて数万円くらいは稼げるようになるかも。という話です。

【手に職】初心者の私がやった在宅ワーク

私も最初は0からのスタートでした。
でも手探りでネットを調べながら行なっているうちにいつの間にか生活費を稼げるようになりました。
まず最初に始めたのが、写真を投稿してダウンロードされると収入が入ってくるPhoto-ACでした。

写真投稿サイトで収入

Photo-ACという写真投稿サイトがあります。

フリー素材の写真をダウンロードできるサイトなんですが、パンフレットやウェブサイト、年賀状の素材として使うために多くの人がアクセスする人気のサイトです。

Photo-ACは主に投稿された写真で運営されており、写真が1枚ダウンロードされると、写真の投稿者に2.7円の収入が入ってきます。

2.7円って安!って思いますよね。
確かに安いです。

でもこのサイトのいいところは一回投稿すればダウンロードされる限り不労所得的に収入が得られるということ。
あ、ちなみにPhoto-ACは絶対に詐欺ではないですので大丈夫ですよ。

私も最初は今までに撮り貯めた、国内旅行や海外旅行の写真をいろいろアップしてみました。
そうしたら、アメリカで撮った1枚の写真が600回くらいダウンロードされました。

1枚2.7円×600回のダウンロードで1620円になりました。
1枚の写真のアップに使った時間は2,3分くらいです。

他に身の回りの写真をと思い洗面台の写真をアップしてみたんです。
そしたらなんと800回ダウンロードされました。

1枚2.7円×800回のダウンロードで2160円です。

現在この金額ですので、これからもダウンロードされればチャリンチャリンと寝てても収益はありますね。
まぁPhoto-ACは途中で飽きてしまってアップするのを止めてしまったのですが、地道に続けていけばそこそこいい感じになったんじゃないかなと思います。

730枚の写真をアップしてこれまでに累計5万円くらい稼ぎました。
これからもダウンロードされる限り収益は入ってきますからね。

収入を上げるコツ:利用者の気持ちになって
ダウンロードする人はサイトの運営者や広告の作成者です。
風景の写真は飽和しており、アップしても埋もれるだけ。
それよりも日用品の何気ない写真がダウンロードされたりします。
身の回りの広告を見たりしてどんな写真が使われているか研究してみましょう。
利用者が使いやすい写真をアップすることが収益を上げるコツです。

Photo-ACで本気で収益を伸ばそうとしている方たちは、Adobe PhotoShopなどの画像編集ソフトを用いて素材を作成しています。

ダウンロードされている写真のランキングも見ることができますから、成功者から学ぶのはおすすめです。

Adobe PhotoShopなどの画像編集ソフトの使い方を覚えれば他の在宅の仕事につながりますから手に職と言えますよ。

ウェブライター

在宅 手に職 ウェブライター

在宅で始めやすい仕事で人気なのがウェブライターです。
例えばあなたが今読んでいるこの記事のようなウェブ上の文章を書く仕事。

私も誰に教えてもらったわけでもないですが、見よう見まねで時給1500円くらいには在宅で稼げるようになりました。
主に文字単価と言って一文字いくらのお仕事です。
最近はライターも増えているので、最初は一文字0.1円なんてのもありますが…。
でも、ちゃんと真面目にやっていけば一文字1円はいけると思います。

収入を上げるコツ:自分の得意分野の記事を書く
ウェブライターの仕事にはいろいろな内容の記事があります。
例えば、旅行系、節約系、家事系、住宅系、ペット系などなど。
未経験の分野の記事を1から勉強して書こうとすると泣けてきますが、自分の得意分野なら割とすらすらキーボードも進みますよ。

私はブラインドタッチ(キーボードを見ずに文字を打つこと)はもともとできました。
それができないとなると、まずはタイピング練習ソフトでキーボードの打ち方を練習してみるのがいいかもしれません。

ネット上でタイピング練習ができる下記のサイトはおすすめです。
https://www.e-typing.ne.jp

私は1時間で1500文字くらいは書けます。だから文字単価1円で時給1500円換算になりました。

私の場合は手探りの独学でした。

しかし、
ちゃんと勉強してウェブライターを目指したい!
誰か先生はいないの?
って思う方もいると思います。

女性なら、女性限定の可愛い空間で学ぶことのできるSHElikesがいいですね。
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の20-30代の女性がターゲットのスクールですが、すごく素敵な空間なんです。

SHElikesのライターコースは大人気SNSライターのに、プロのライターになるための基礎、
例えば、

・取材記事の作り方
・文章の書き方等

を教えてもらえることができます。
体験レッスンもあるので気軽にどんな雰囲気か見てきてくださいね。

コース卒業後はお仕事の案件を定期的に紹介してもらうことも可能なので、ライティングを学んだら終わりではない所も魅力です。

https://likes.she-inc.jp/

アフィリエイト

手に職 在宅

ウェブライターになった後はアフィリエイトというモノに本格的に取り組むようになりました。

アフィリエイト??なにそれ?詐欺?

みたいな感じですが、インターネット広告の世界では有名な広告システムのことです。
自分のウェブサイト上で広告がクリックされたり、自分のブログ経由で購入されたりすると紹介料がもらえたりします。

私が紹介している広告主は旅行会社のH.I.S.とか楽天市場とかAmazonとかの有名どころばっかりです。

実はウェブライターの仕事で執筆する記事の多くはアフィリエイトで使われるものかなりあります。
ですからウェブライターとして仕事ができる方はアフィリエイトでも稼げるようになる確率が高いです。

アフィリエイトに真剣に取り組んだ結果、今では生活費を在宅ワークで得ていますよ。
だれに教えてもらったわけでもなく、ネット上で見た情報のみで頑張りました。

高額な塾やサロンに入らなくても、無料の情報だけで普通に生活費くらいなら稼げます。
まさか自分が独学で手に職をつけて在宅ワークで働けるようになるとは夢にも思っていませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です