20代後半フリーターから大企業に就職は可能なのか?2019年現在、成功したいならプログラミングを学ぶのがチートです。

フリーターから大企業

正社員を目指す20代後半フリーターの方の中には、どうせなら大企業に就職したいという方もいると思います。

まぁ基本無理ゲーですが。

残念ですけど…。

一般的に大企業への門は新卒にしか開かれておらず、中途採用は非常に狭き門となっています。
正社員の経験がない20代後半フリーターであればなおさら、大企業への就職は難易度が高くなるのです。

しかし、大企業への就職が全くできないかというと、そういうわけでもありません。大企業の中でも若手を中心に、人材不足となっているところも増えており、中途採用枠も少しずつ広がっているからです。
ここでは20代後半フリーターから大企業へ就職する方法について触れていきます。

バイトから正社員登用もありえないことはないが

20代後半フリーターから大企業へ就職するためには、これまでと同じくアルバイトとして大企業に移るのも考えてみましょう。実際の声としては、大企業にて非正規雇用で採用された人材というのは、正社員になるのが非常に難しいと言われています。

求人では「正社員登用あり」となっていたのにも関わらず、一向に正社員になれなかったり、どうすれば正社員になれるのかが全く示されていないこともあります。
正直アルバイトから正社員になるのは、非常に狭き門であることは伝えておければと思います。ただし、全く可能性がないわけではなく、本人の頑張りや企業文化によっては、アルバイトから正社員になることも可能です。

極端な例ではありますが、ブックオフの社長に就任された女性は、アルバイトから店舗に配属された方でした。
本人の努力はもちろん大きいですが、それを認めてくれる企業に巡り合えたことも非常に大きな要素です。
そしてブックオフだけではなく、アルバイトからでも正社員登用を行う大企業はいくつも存在します。
なので、フリーターでもそういった企業に入ることで、大企業の正社員としてのキャリアを築くことは可能なのです。

仮に上手くいかなかったとしても、大企業で働いた経験と職務経歴があることで、次に活かすことも可能になります。どの道アルバイトをするのであれば、大企業での経験を積んでいくことも考えてみてください。

今ならプログラミングを学んで大企業を目指すのがおすすめ

フリーターから大企業 就職

20代後半フリーターから大企業に就職するには裸一貫ではなかなかキツイところがあります。
今の時代ならプログラマー系の技術を習得して大手企業に入るのがチート的に有利ですね。

深刻な人材不足のプログラマーは売り手市場ですから仕事も見つけやすいです。
さらに少子高齢化が進む日本でもIT化は各分野で留まることを知りませんから、唯一の成長産業と言っても過言ではありません。

フリーターから大手企業に就職してもそれが沈みゆく船だった!なんて事態は笑えませんから。
少子高齢化でダメになる業界に就職する意味なんてないのではないでしょうか。

しかし、未経験にプログラマーはちょっとキツイのでは?
と感じるかもしれません。

プログラミングスクール×就職支援

20代後半 フリーターから大企業就職

プログラミングスクールは腐るほどありますが、フリーターから大企業を目指す人におすすめなのが、就職支援をしてもらえるプログラミングスクールです。
プログラミングスクールとしてはお金を払うのですが、その後就職支援をしてもらうことができ、もしも就職できなかった場合はプログラミングスクールの料金が返金してもらえるので実質ノーリスクでプログラミングスクールを受けることができます。

金だけかかって結局就職できず…なんてことじゃ何やってるか分かりませんからね。

やはり企業側は若くてフレッシュな人材を必要としているため、30代を超えると中々厳しい世の中です。
あなたが20代後半ならあまり悩んでいる暇はありません。
オンラインスクールでプログラミング学んで、なおかつその後はフリーターから正社員になることが可能って考えただけですごくないですか。
しかも今後も有望な業界で!

じゃあ、大企業はどうなった?何て声が聞こえてきそうですが…
やはり紹介先はIT系のベンチャー企業が多いですが、ちゃんと大企業もありますよ。

例えばTECH::EXPERTというプログラミングスクール×就職支援サービスでは紹介先に
DMM.comやU-NEXTやGMOグループの企業などがあります。

他にも株式会社ニューズピックス、株式会社リブセンス、日本交通株式会社、株式会社ランサーズなどの転職実績がありますよ。

https://tech-camp.in/expert

しかも転職成功率は98%以上。

ただTECH::EXPERTは誰でも受講できるわけではなく、最初に無料カウンセリングがあり、そのカウンセリングで受講したいと思っても書類提出と面談があるんですね。
この過程を通過しないと受講できないんですね。

ただ、他のスクールでは弾いている30歳でも選考に通ることがあるとTECH::EXPERTのページで明言されているので悲観的になるのは早いです。
しっかりとやる気をアピールしていきましょう。

もう1つオススメできるプログラミングスクール×就職支援はTechAcademyのエンジニア転職コースです。

https://techacademy.jp/jobchange-bootcamp

下記のような条件はありますが、学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施しても内定が出ない場合、受講料を全額返金してもらうことが可能です。

受講開始時点で30歳以下の方
東京での勤務が可能な方
IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方
受講期間中に転職活動をする意思のある方
期間中に学習時間を300時間以上確保できる方
(1〜6週目:160時間、7〜10週目:100時間、11〜12週目:40時間)

全額返金してもらえるなら安心して学習に取り組めますね。

こんなん勉強しても、本当に就職できんのか〜?
って感じじゃプログラミングの学習にも身が入りませんから。

プログラミングの技術は一生モノ

フリーターから就職

一回目の就職で大企業に入れなくても少し経験を積めば未経験ではなくなりますから、大企業への転職も容易です。
また、プログラミングの技術があれば派遣でも時給3000円近くもらうことができるので、何の技術もないフリーターの生活とは格別に違う豊かな暮らしが可能です。

また、どんな企業でも一度エンジニアとして就職すれば、その後フリーランスのエンジニアとして在宅で仕事することも可能です。

20代後半の今、何の取り柄もないフリーターで行くか?
それともプログラミングという技術をほぼノーリスクで身につけて、大企業への就職、超高時給の派遣、将来的に自由な在宅でのフリーランスエンジニアになる可能性と圧倒的に人生の幅を広げるか

この分岐点どちらに切り替えるかはあなた次第です。

プログラミング 在宅 求人【転職失敗で全額返金!】転職・就職保証のあるプログラミングスクールの一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です