30代フリーターが就職成功するのに必要なのは資格よりも就職支援。受けられる就職サイトはDYM就職

30代 フリーター 就職サイト

仕事のことを考えた時に、どのような環境で働くのか、どのような雇用制度で働くのかは個人の自由です。
実際、フリーランスで働く人、副業を抱える人も現代社会では多くみられます。
また、終身雇用という概念ももはや時代遅れで、特に若い世代ではある程度区切りをつけて転職やステップアップをするということが当たり前に行われているのです。

しかし、今の日本の会社システムの中で、ある程度年齢を重ねても就労経験がない、または正社員経験がないということで不安になることは容易に理解できます。
特に、専門性のある職業でない場合、正社員ということで信用が得られるケースは往々にして起こりうることだからです。
また、将来もらえるか分からない年金でも、厚生年金という形で納めていれば、ある程度将来への安心感も得ることができます。

30代フリーターは将来が心配

30代 フリーター 将来

30代に差し掛かると、20代に抱いていた冒険心や若い心は失われ、安定を求めるという心境の変化も多くみられます。
30代の人生のイベントには、たいてい結婚や出産など、今後数十年に渡って負荷がかかるであろうイベントも多く発生しがちです。
そうなると、その長期的な期間、どう安定した収入を得るかというのも大きな課題になってきます。
フリーターではなく、正社員というもっと安定したポジションに転職したいと考えるのも自然です。

本格的に就職活動をしたいと考えたら、すぐに動き出すことをおすすめします。
もちろん、仕事のできる・できないといったことに関しては、年齢や学歴は関係ありません。
しかし、就業するための「面接」については、残念ながら実年齢が若ければ若いほど受かりやすいという事実があるのです。

「使えない奴でも若ければ受かる」

就活をする側から見ると、年齢という変えられない部分を重要視するなんて理不尽だ、と思う方もいるかもしれませんが、企業側から見ると、実年齢というのは学歴や経験以上に重要視されています。

資格は就職成功には遠回りです。

よく資格があれば…なんて声が聞こえてきますが、
はっきり言って資格の多くは金儲けです。

特に民間資格なんて単なるお金集めの手段ですよ。
頑張って資格を取得しても、実際に面接に行ったら、

「その資格は意味ないですねぇ」
「資格よりも経験がある人が欲しい」

なんて言われることは残念ながらしょっちゅうです。

何かしらの資格を取ることに、お金となにより30代に取って貴重な時間を費やすよりは就職支援という手段に歩をすすめるのが賢明です。

【厚い壁】30代が就職支援を受けられる場所は少ない

30代 就職の壁

就活をするときによく言われるのが、「29歳と34歳には壁がある」というセリフです。
まあ実際そうです。
就活支援サイトや求人広告の募集要項をよく見ると、未経験可と書いてあっても「29歳まで」「34歳まで」など年齢についての条件が書かれていることが少なくありません。
その年齢を過ぎると、「経験年数○年以上」など、急に条件が厳しくなることも多いです。
日本企業は、「若手」といわれる部類の人間に対して経験をそもそも期待しておらず、逆に「若い人を育てて行こう」という目線から採用を行う場合が多々あります。
そのために、まだ育てがいのありそうな実年齢の若い人を好む傾向があるのです。

しかし、年齢が上がってくると、企業側の態度や期待値も上がってきます。要は、「即戦力としてどれくらい会社に貢献できるのか」という点がキーなのです。
そういったことから、29歳までは20代ということで未経験でもポテンシャルを見て採用することはありますが、30歳を過ぎてしまうと急にそれなりの経験や、マネジメント能力などが求められてくるので、それまでに培った経験や資格がないと就職が難しくなってしまいます。

また、企業にとって大切な給与面でも、20代と30代では変わってきます。
まだ経験の浅い20代の時は、最初は少ない給料で、経験や勤続年数と比例して給料を上げていき、給与と釣り合う働きをしてもらうというシステムに組み込むことが可能です。
しかし、30代をすぎてある程度年齢を重ねた人に新卒と同じ給料で働いてもらうことはできません。
必然的にオファーする給料も高くなってくるため、その給料に見合うだけの利益を会社に持ってきてもらう必要が生じてきます。そういった面でも、やはり30代の就活は20代の時と比べてハードルが高いと言えるでしょう。

普通に求人探すと高確率でブラック企業に

30代 就職サイト

就職支援で有名なのが厚生労働省の運営するハローワークです。
確かにハローワークは非常に有用な機関なのですが、実はブラック企業率が高いというデメリットもあります。

実際、一般職の転職活動は当たり外れが大きいです。
特にフリーターやアルバイトとしての経験しかない場合は、実際の就労条件よりも「未経験可」など、「入りやすさ」を重要視しがちですし、労働者をまともに扱う気のないブラック企業は、そういった候補者の弱みに付け込んで、ひどい条件で交渉してくる場合も多々あります。

また、就労条件についても、「正社員」として働いた経験がないと、何が最低条件で、何が当然の権利なのか、といった通常の感覚が身についていません。
そのため、劣悪な条件でも「これが普通なのかも」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。ブラック企業に就職してしまった時の最大のデメリットとして、心身ともに消耗してしまうこともありますが、経歴に傷のつく可能性が高まることも挙げられます。

ブラック企業の体制のせいで1年足らずで辞めてしまったとしても、職務経歴書には「会社を短期間でやめた」という事実のみ残ります。
今までフリーターとしてやってきて、意を決して正社員になったのに最初から短期間で辞めてしまっては、次の転職活動にも差支えが生じるのです。
そういったことをなるべく避けるためにも、正社員になりたいがために行き当たりばったりの就職活動をすることはあまりおすすめしません。

就職エージェントを利用する

就職支援 30代

あらかじめブラック企業を排除していることが売りの就職エージェントサービスを利用すればこうした問題も極力さけることができます。
ハローワークでは面接対策、書類作成の指導といった事柄は基本的に行われません。
しかし、就職エージェントであれば、服装から面接での振る舞いまでしっかりと専任のエージェントが指導してくれるので安心です。

しかし、問題は30代でも利用出来る就職エージェントが非常に少ない事です。

DYM就職なら30代でも就職支援を受けられる

就職支援 30代

一方で、DYM就職は、30代でも第二新卒・未経験枠で就活ができる就職支援サービスです。
就職支援系エージェントは大抵20代までなのですが、DYM就職は30代もサポートしてくれる非常に珍しいエージェント。

DYM就職は、常に約2,000社以上の求人案内を取り扱っており、業種やポジションも多様である点が評判です。
もちろん企業の規模も様々で、じっくり腰を据えて就職したい大手企業から、今をときめくベンチャー企業まで、幅広く扱いがあります。

あこがれの株式上場企業など、誰もが知っている大手企業の求人の取り扱いも少なくありません。
安定を重視したい方や、未経験からきちんと経験を積んで次につなげたいと希望の利用者さんにはぴったりです。
取り扱っている業界の特徴としては、一番多いのがIT業界、他には不動産やシステムなどの企業が多くみられます。他にも、メーカー、販売、広告業界など、華やかな企業の取り扱いもあります。
職種に関しては、DYM就職では、営業職とエンジニア職の紹介率、さらに就職率が多いです。

会社としてビジネスを行っているからには、営業ポジションは絶対に必要な花形ポジションですし、エンジニア職は企業側のニーズは多いものの、対応できる社員が少ないため、企業も未経験からでも育てがいのあるポジションとして重視しています。
ただ、やはり30代となると紹介企業はさほど多くはなくなってしまいます。
しかし多くの就職エージェントは30歳未満でないと利用すらできないため、時間的に余裕があるなら一度戸を叩いてみるのもいいのではないでしょうか。

あの筋肉系Youtuberとして有名な「ぷろたん」の動画でも紹介されていたことがあります。
若そうに見えますが、ぷろたんも30なんですね。

DYM就職はもともとニートやフリーターの就職支援に強いエージェントサイトですので、経験値に自信がない30代には大変おすすめのサービスです。
しかも、その企業がどんな人材を求めているのかのヒアリングと利用者のサポートを重視しているので、書類選考なしで面接に進めます。
他にも、応募する企業の選定、面接の日程調節といったテクニカルな部分のサポートはもちろんのこと、面接の練習・対策、さらには採用後のフォローアップまで、幅広い部分までしっかりと行ってもらうことができます。

30代は微妙な時期です。
前半はまだ若年層としてフレッシュなポテンシャルが求められるので、30代後半になる前に就職してきちんと経験を積むというキャリアプランを構築しましょう。
DYM就職30代ニート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です